×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

自己PRの書き方の構成

自己PRの書き方を知る前に自己PRの構成を考える必要があります。もし、何も考えずに自己PRを書き始めると行き当たりばったりの文章になり、伝えたいことがしっかりと伝わらない可能性があるからです。自己PRの書き方のうまい構成としては

1、自分の一番のアピールポイント2、1を裏付ける体験3、2で経験をして達成したこと又は学んだこと4、その学んだことを入社してどのように生かしていくか?

の構成がよろしいと思います。この4つの事項を600文字でまとめるとしてどの段落に何文字使うことができるのかを自己PRを書く前に逆算するようにしましょう。

上手な自己PRの書き方

自己PRは就職の履歴書を書く上ではとても重要になります。なぜなら、自由に自分のことについて書くことができ勝負できるからです。なので、上手に自己PRを書けるようにしましょう。

自己PRの書き方の上手な書き方としては、文章にインパクトをつけるために『グローバルな視点』や『明朗活発』のようなありがちな言葉は絶対に使ってはいけません。多少恥ずかしくても自分の言葉で表現するようにしましょう。ぎこちなくありがな書き方だと全く自己PRを読んでもらえない可能性もありますからね。

それと、自己PRは600文字程度で『サークルのこと』などテーマを絞る書き方をするようにしたほうがいいです。なぜなら、あまりにも行き当たりばったりの自己PRの書き方では全く文章にインパクトがありませんからね。とにかく、上手な自己PRの書き方としては、あれをして、これをしてという書き方をするよりは、一つの経験からこのように学んだなどわかりやすい書き方をすることが重要になるのです。

自己PRの書き方の例文

履歴書の自己PRの書き方はとにかく、読んでもらう人の目に留まるような書き方にしなくてはなりません。なぜなら、履歴書の自己PRを読んでいる人は毎日のように同じような自己PRを読むことになるので、他の人と同じような一般的な文章の書き方では目に留まることはありません。ここで、あるAさんとBさんの例文を挙げて説明していきます。

Aさんの自己PRの書き方の例文はは「私の性格の長所としては、地道に何事も努力できることです。そのおかげで中学から大学まで卓球を続けることができました。」

Bさんの自己PRの書き方の例文は「私は周りから‘コツコツ君’と呼ばれています。なぜならあまりに私が卓球に対して何年もこつこつと練習していてその努力している姿が周りにもあからさまに伝わっているからです」なんて自己PRの書き方の例文を比較するとまったく印象度が違いますね・∀・できるだけ履歴書の自己PRは読んでもらう人の目に留まるような書き方をしましょう。